「ほっ」と。キャンペーン

BluePocket

<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ヒトカラ

ひとりカラオケ。略して、「ヒトカラ」。
ヒトカラこそ、カラオケでストレスを発散できるものだということが、実際に体験してみてわかったのです。

「ヒトカラ」の魅力は、
「歌いたい曲を気を遣わず歌いたい!」、「待ち時間ゼロ!」、「録音ができる」この3つ。

アニソン好きだけど、周りが引くから友達とカラオケいくときは、歌いたいけど歌っていない人は結構いるとおもう。「ヒトカラ」なら一人だけなので、もちろん全然歌っても引かれない。 

正直、大多数の友達とカラオケにいってしまった場合、待ち時間の方が長くなってしまう。 「ヒトカラ」なら、待ち時間の概念なんてゼロである。 気が赴くまま歌いまくれるのである。

ノートパソコンとマイクがあれば、誰でも自分の歌声の録音が可能である。 正直、自分の耳で聞いた自分の歌声と、他人が聞こえている自分の歌声は雲泥の差があるものである。



ちょっと、不安だったレジ。
しかし、レジの人は「え?ひとり?」という反応はまずしない。意外にも普通に接客してくれる。
会員証は、先に作っておいたほうが良い。

あとは、ドリンクなどの注文は先に。
全部揃ってから歌いだす。

こうなれば完全にフリーダムである。歌いまくればいいのである。ヒトカラおすすめです。
[PR]
by celebarea | 2009-06-24 09:05

音のこだわり

近頃、iPodやケータイでいつでも音楽が聴けるとあって、ヘッドホンの種類もとても豊富になっていますよね。
実際どのくらい音にこだわっていますか?


雑音を緩和させる「ノイズキャンセリング」機能付きのものが1万円以下で買えるらしい。
手ごろな値段で、外の不要な音をシャットアウトして、
聴きたい音だけに集中できるというぜいたくなこだわりを実現できるのですね。
でも、耳がいい人と悪い人がいるように耳の形も千差万別。自分に合うイヤホンってどうやって探せばいいのでしょうか?

基本的には値段が高いほど高性能だけど、デザインや付属アクセサリーにコストがかかって割高になることもあるのだとか。
とはいえ、こだわりっていうからには、高性能かどうかよりも自分好みの環境に整えることが重要なんですね。

このように音にこだわり始めると、そもそも音ってどんな仕組みで聞こえるのか、気になってきました。


デジタルの音楽に慣れてしまうと、音がどうやって聞こえてくるのか、頭ではわかっていても実感できる機会はありませんよね。
音が物理現象であることを実感することで、ますます音楽への興味が深まりそうです!
[PR]
by celebarea | 2009-06-22 12:04

海外音ゲー

一部の音ゲーファンの間で話題のゲームセンター「WORLD GAME CIRCUS」を知っていますか。


一見するとごく普通のゲームセンターなのだが、なぜココが話題になっているのかというと、秘密はその品揃えにある。実はココ、日本国内では一般に流通していない“海外音ゲー”ばかりを集めた、海外音ゲー(主に韓国)専門のゲームセンターなのである。


いわゆる「ビートマニア」系では
EZ2DJ PLATINUM 、EZ2DJ 7th TraX 、Rock Fever 5の3台、
「ダンスダンスレボリューション」系では
EZ2Dancer UK MOVE Special Edition 、 PUMP IT UP NX2 、PUMP IT UP PRO 、in the Groove2の4台がそれぞれ稼働中となっていた。
また日本でも現在一部店舗でロケテストが行われている、韓国Neowiz社の「DJMAX TECHNICA」も普通に3台並んで動いており、このゲーム目当てに遠くから遊びに来ている人も多いらしい。

店長は、もともと個人的趣味からこうした「海外音ゲー」を集めており、それをより多くの人に楽しんでもらおうと、ゲームセンターとしてオープンするに至ったそう。置いてあるのは日本では馴染みのないタイトルばかりだが、遊んでみるとどれも普通によくできていて驚かされる。最初は「話の種に」と来店し、そのままハマってリピーターになってしまう人も少なくないとのことだった。
ゲームに触れて見たい人や、普通の音ゲーに飽きた人、まずは「話の種に」訪れてみてはいかが?

GAMEな日々~wii fit動画ブログ YouTube
[PR]
by celebarea | 2009-06-20 22:25

映画音楽

サントラはほとんど買ったことがありません。
映画音楽というのは映像とあわせて初めて意味を持つものだと思うからです。
サントラだけを聴いても映像がないとどうもしっくりこないのです。

映像と音楽をあわせたものでは、MTV等の音楽プロモーション映像があげられますが、なんとなくあまり好きではありません。曲として完結しているのに、わざわざ映像をつけているから、曲のイメージが限定されてしまって、どうも面白くないんですよね。

『2001年宇宙の旅』の監督スタンリー・キューブリックは既存の音楽を使うのが物凄く巧い人でした。しかし、この監督は本当に罪なことをしてくれました。シュトラウスのワルツを聴くと、今では宇宙が浮かんできちゃうんですから・・・困ったものです。

また、『ファンタジア』は僕の大好きな映画ですが、今ではバッハのフーガを聴くとあのアニメの映像が浮かんできます。

『2001年宇宙の旅』も『ファンタジア』も映像がとてもよくできていたし、音と完璧にあっていたので、もうあの音楽にはあの映像しか考えられなくなってしまったのです。

堂々と「映画音楽」といえる映画音楽は昔から年に数本程度しか出て来ていませんが、その分映画音楽らしい映画音楽を聴いたときの感動は大きいですね。『E.T.』や『ゴッドファーザー』みたいに、既存の音楽を使わずに、音と映像が完璧なまでにマッチした作品が現れることを願っています。


オリーブの木
[PR]
by celebarea | 2009-06-19 23:38

コントローラー不要

世界最大のゲーム見本市「エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ(E3)」がロサンゼルスのコンベンション・センターで、現地時間の5月22日から24日まで、3日間の会期で開催されました。

世界規模のゲームイベントですが、東京ゲームショウとは違い、一般来場者(ファン)向けのイベントではなく、業界向けにゲーム関連製品を扱うビジネスイベントです。世界各地の大小様々なゲーム関連企業が出展します。日本からもソニー・コンピュータエンタテインメントや任天堂をはじめ、コナミ、セガといったおなじみのゲーム関連各社が出展しています。

ちなみに、東京ゲームショウには「東京近辺の人しか来られない」との理由から出展していない「任天堂」も、この E3には積極的に参加、ブースもかなり目立っていたようです。

今年の注目は、やはり「Microsoft」の「Project Natal(ナタル)」の発表でしょうか。

これは正式にはE3開催期間中ではなく、その前日である6月1日、ロサンゼルスのGalen Centerにおいて開催された「Xbox 360 E309 Media Briefing」というプレカンファレンスでの発表でした。
このイベントの終了間際、「むしろゲームコントローラーがあるからゲームをやらないという人がいる。我々はゲームコントローラーを超えるデバイスを考えていくうちに、自分自身がゲームコントローラーになればいいということに気がついた」というドン マトリック氏の発言とともに画面に表示される「No Controller Require」の文字。その後ディスプレイの前でゲームをプレイする姿が映し出されました。
そのプレイヤーはコントローラーなどはなにも手にしていません。でも画面の前で動くプレイヤーと同じ動作を画面内のキャラクターがしています。また素手でハンドル操作を真似るだけでレースゲームがプレイできるのです。
高感度のカメラや動作、音声認識センサーのデバイスをディクプレイにつけることでフルボディモーションキャプチャーにより操作できるようで、まさにプレイヤーの体そのものがコントローラーといった感じです。
会場からもその感度の高さと操作性に簡単の声が沸いていたようです。

ちなみに日本での発売予定や価格などは、まだ未定とのことでした。
東京ゲームショウに出展(にはならないと思いますが)なんかするようなことがあったら、来場者殺到でしょうね。
[PR]
by celebarea | 2009-06-19 02:02

英語の発音が上手い

最近多いなぁと思うのが、「1回外人やってきた?」と思うほど、英語の発音が上手い男子アーティストたち。

技でもないけど、英語を巧みに歌われると、かなりの驚きとともに、そのアーティストについて非常に興味、好奇心が沸いてくる。 
しかも最近こういうアーティストが、いきなりオリコン上位に食い込んでくるのが多い。


ELLEGARDEN(エルレガーデン)
「Space Sonic」は全部英語歌詞なのにオリコン最高位5位を獲得している。 
次回作の「Salamander」も全部英語歌詞ながらオリコン2位を獲得している。
曲自体がカッコイイのもあるが、やはり最大の聴き所は、細身の流暢な英語ボーカルだろう。
 滑らかでありながら、ねっとりと歌い上げる。 このボーカルは、何回聴いても耳のこりを起こし、また再生ボタンを押してしまう。
驚きなのが、成人してから英語を覚えた点。
しかも2年で完璧に発音できるようになっている。


RADWIMPS(ラッドウィンプス)
ボーカルである野田洋次郎は、非常に高くて細くつぶやくようなボーカルが持ち味で、この方も流暢に英語を歌ってくれる。 
しかもラップも流暢に歌ってしまう器用さも持つ。 
最近「オーダーメイド」でオリコン1位を獲得している。


マキシマム ザ ホルモン
彼らは、基本的にあまり英語を歌詞に取り入れていない。 
というか日本語歌詞ながら、英語で歌っているように聞こえるという、高等技術を平気でほぼ全曲で魅せてくれるのが彼らである。
例えば、アニメ「デスノート」のEDテーマ「絶望ビリー」がまさにそれだ。
たぶん一見さんが歌詞を見ずに聴けば誰でも英語で歌っているように聞こえるはずだが、歌詞はほぼ日本語になっている。


将来こういう帰国子女的な男子アーティストがJ-POPの頂点を握るのではないかと勝手に思っている。
[PR]
by celebarea | 2009-06-18 23:09

男の弱さと女の強さ

私の音楽の好みを表すとこの言葉。
男性アーティストに関しては、「色気」重視なんですが、この「弱さ」って通づるところがあると思うんです。
あ、でもこれは別に「歌詞が・・・」ってことではないですよ。
言ってしまえば、私は曲の歌詞の内容はどうでもいい・・・とまでは言いませんが、あまり重視するポイントではないんです。それよりも曲調とか、特に「声」とかです。
特にシャウトしたときとか「OH~yeah~」みたいな時の声。
なんだか切ないというか、弱さを垣間見せた感じが好きです。
かなりセクシャルな曲も結構好き。
≪お気に入り男性アーティスト≫
■邦楽
石井竜也
平井堅 ・・・この辺は結構王道?
スガシカオ
コブクロ
トータス松本・・・ウルフルズも好きだけど、バンドだと元気な、ポップな曲が多いので
■洋楽
Elliott Yamin・・・カヴァー歌ってる木山さんも好き。
USHER
Ne‐Yo・・・有名ですよね。宇多田ヒカルとも一緒にやってましたね。
Charlie Wilson

この「男性の弱さ」を感じることは洋楽、邦楽ともにけっこう多いんですが、問題は「女性の強さ」って、邦楽ではあんまりないんですよね。
女性には「かわいさ」や「はかなさ」、「澄んだ透明感」を求める傾向にあるのか、やっぱりアイドル志向みたいなのがあるのか分からないけど、メジャーな女性アーティストってそんな感じじゃないですか?
歌唱力のある人はバラードを必ずと言っていいほど出すし、そのバラードでも高音はファルセットになったりする。
もっと「ガツン」とくる女性の声が欲しいんですが・・・。

でも、最近ちょっとづつ私の好きな感じの歌声の女性アーティストが増えてきました。嬉しい限りです。
≪私のお気に入りの女性アーティスト≫
■邦楽
AI
superfly
小柳ゆき・・・最近メディアであんまり見ないので残念
■洋楽
Cyndi Lauper・・・いまでもパワフル
Sheryl Crow・・・素朴な感じの曲が好き
Alicia Keys
[PR]
by celebarea | 2009-06-17 12:21

音楽の癒し

ここんとこ疲れてて・・・というか、疲れがなかなか消えない(・・・とし?)。
体力的にもそうだけど、何か精神的な疲れがたまってる感じなんだよね。
なんか簡単にできる癒しというか、セラピーみたいまものはないのかな、と思ってちょこちょこ検索してたら・・・
なんか色々あるんですね、「○○セラピー」と名のつくものが。
アロマテラピーはもとよりカラーセラピー、アニマルセラピーに森林セラピー・・・。

そこで目に着いたのが「ミュージック(音楽)セラピー」。

音楽セラピーの定義は一応「音楽のもつ生理的、心理的、社会的に作用する働きを用いて、
心身の障害の回復、機能の維持改善、生活の質の向上、
行動の変容などに向けて、音楽を意図的、計画的に使用すること」
だそうです。
歴史も古く、日本で認知されてきたのは最近ですが、発症は古代ギリシャにまで遡るそうです。(というか、医療技術の発達していなかったその時代だからこそなのではないかと思ったりするが・・・)

「音楽療法士」という資格もちゃんとあるようで、民間資格のひとつですがそれがまた結構大変そうなんです。
音楽療法士になるためには、音楽療法のカリキュラムのある大学や専門学校で学ぶか、または音楽療法関連のセミナーに参加する。そのほか医療機関や福祉施設、養護学校で臨床経験を積むなどの方法があります。
つまり音楽療法士の資格を得るためには、音楽療法の知識を深め、講習会・学会への参加し、臨床経験を事例研究レポートとして提出し、研究発表および症例報告、論文、教育指導経験などについて、音楽療法学会に書類申請して審査を受けなくてはなりません。
医療や診療内科などの知識と、音楽についてのきちんとした知識の両方が必要です。

最近では少しずつですがこの資格も一般に認められ始めていて、2001年度より音楽療法士養成コースを持つ認定校の卒業生を対象に認定音楽療法士(補)認定試験が開始されました。
この試験の合格者は、音楽療法活動の臨床経験が3年を超えた時点で音楽療法学会に申請し、審査を経て正式に音楽療法士として認定されるようになりました。
また国家資格への移行も進められています。

この療法の効能(?)は、高血圧や不眠症など様々な病気を改善させるんだとか。または引きこもりなどにも効果があるらしいです。

こういう「音楽療法士」さんにも一度話をきいてみたいとは思いますが、そんな金銭的、時間的余裕もないので、手軽に自分でやってみようかな。
要は疲れを癒してくれそうな音楽をきいて身をゆだねることが大切だと思います。
巷では「胎教」「ヒーリング」「安眠」「リフレッシュ」などなど・・・ホントに色々な用途のリラクぜーション音楽のCDが売られています。「ヒーリングCD」は自然界の音とゆっくりとした音楽を合わせてあるものが多くありました。
やっぱりそういう音楽が効果があるのかな、と思って聞いてみたんですけど・・・飽きちゃいました。(なのでCD名などは書きません)

で、「音楽セラピー」に関するHPを見てみると、「ジャンルにとらわれないで、自分の好きなアーティストのCDを選ぶ、それを聴いて癒されたり、気持ちが明るく前向きになるのはとても楽しいことでしょう。好きな場所でのんびりリラックスして音楽に耳を傾ける――それだけで心が少しずつ甦っていく感覚を味わえることでしょう。」と書いてあります。

納得。
[PR]
by celebarea | 2009-06-16 13:47

ネットラジオ

先日始めて「インターネットラジオ」を聞いてみた。
J-WAVEのインターネットラジオ「brandnew-J」。
http://www.j-wavemusic.com/

結構イイんだよね、これが。
最初は一応簡単な登録作業が必要にはなります。でも、性別や生まれた年(西暦)、居住地など、たいした内容でもないし、すぐに聞けるようになります。
ただ、プレーヤーを起動すると、そのためのウィンドウが開くのがちょっと・・・。

日中基本PCで作業することが多いし、まあ、文章とか書く場合には他に音楽(邦楽)とかが流れてると集中できないんでダメだけど。音楽も自分の知っているもの、知らないものなどいろいろ聞けるし、都度情報も入る。手元で操作できる点も◎。
特定のジャンルに特化した局であれば、そのての新旧色々な曲が流れるし。
ちなみに今は「Suono Dolce」(http://www.suono.jp/)で、「はじまりはいつも雨/aska」がかかってます。(なつかしい~)

長時間PCの前に座ってると、どんどん気持ちも内に入っちゃってイヤになりません?だから以前は自分のPCに入っている音楽か、mixiラジオ聞いてたんだけど、ここんとこちょっと飽きてきてたとこなんです。

インターネットラジオって、思ったより面白そう。
TBSラジオとかニッポン放送とかでもやってるし、また、特徴のある音楽に特化した局もある。
例えば「UNIQue」(文化放送)は「World Music Styles」をキーワードに、UNIQUE MUSICを惜しみなく紹介している。また「超A&G+」(文化放送)は「アニメ・ゲーム・声優コンテンツ」をキーワードに、秋葉系のインターネット&デジタルチャンネルになっている。
こういうのって、やっぱりねっとならではですね。

試しに全部聞いてみたけど、・・・やっぱり「超A&G+」は独特の世界ですね。
まだまだ世界は広いなァ・・・。

ネットラジオのHP、いくつか紹介しときますね。

■OTTAVA (TBSラジオ)・・・http://ottava.jp/
デジタルラジオとインターネットで聴取可能なコンテンポラリー・クラシック・ステーション。
■ラジオNIKKEIライブストリーミング(ラジオNIKKEI)・・・http://www.radionikkei.jp/
ニュース、株式相場解説、投資情報など、暮らしに役立つ情報を平日の朝7:30~夜10:00まで配信。
■UNIQue(文化放送)・・・http://www.uniqueradio.jp/
■超A&G+(文化放送)・・・http://www.agqr.jp/
[PR]
by celebarea | 2009-06-16 11:50